地震の予想は可能なのか|地震の予想は可能なのか?地震のメカニズムを知ろう

予想できない地震災害について意識しよう

今日本人が一番過敏になっているもの

日本は地震大国といわれています。常日頃から予想外の地震が多いことから、震度1~3程度の地震には慣れてしまっている人もいることは事実です。しかし、どんな小さな地震でも、のちに大きな地震に繋がることもあります。いざという時のために、地震に関する知識をつけておきましょう。

地震の予想は可能なのか

地震

いつ起こるかわからない恐怖

地震はいつ起こるかわからない為、その分地震に対する恐怖心は大きいと思います。特に日本人は、東日本大震災以降、警戒情報や地震対策などに関する情報に過敏になった方が増えているように思います。災害は起こらないことが一番の理想ではありますが、常に心の片隅で地震を意識しておくといざというときの行動が変わります。

地震予知や予測はできないのか

様々な技術が発展している現代では、地震の予知や予測はたやすいことであるように思えます。しかし、専門家によって「予知はできる」「予知はできない」と意見が分かれてしまっているのが現状です。現在は様々な方法で地震予知技術を開発しています。それが将来的に実用的になるのは、そう遠くはないでしょう。

普段から意識していること

家族で定期的に話し合っています

東日本大震災をテレビで見てからは、家族で「いざという時の行動」について話し合いました。集合場所や家の中の防災グッズの置き場所の把握など。本当はこういう話し合いはしたくないのですが、とても重要なことですよね。定期的に防災グッズの電池が切れていないかなども確認していますよ。

スマホはラジオやニュースも知れる貴重な情報源

充電器は普段から持ち歩いています。スマホは震災があったときに、貴重な情報源となりますからね。震災があったときに、スマホの充電が少ないとすごく不安になると思います。あと、普段私はコンタクトレンズを使っているんですが、災害時にメガネは必須だと聞いたので、メガネも持っています。

広告募集中